スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重版あざーっす!!

「勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。」重版決定しましたー!


これでまたかざみさんはどこに足を向けて寝ていいか分からなくなってしまいました。
もういっそ下半身を別の次元に差し込んで眠るしかないんじゃないですかね。
いやでもそうしたら四次元の方に申し訳がたたなぶつぶつぶつぶつ。
さらに、人生初のファンレターなんかも戴いちゃったりして、もう本当に本当に感謝なのです。

とりあえず、次で急落しないよう頑張ろうと思いました。
なんかハードルが上がりすぎて足を引っ掛ける予感しかしない。
スポンサーサイト

聞こえる……。

「えっ……それって、どういうこ」
「静かに。……ほら、耳を澄ませてみろ」
「えっ、あっ、はいっ……………………っ!? な、なんなの、この音は……ま、まさかっ!?」
「……やっと聞こえたようだな。そうだ。これは、ヤツが肩をまわしている音だ。ぐるりと、な」
「ひ、ひどいっ……こんな肩こり、ひどすぎるっ……」
「ヤツの家には、ヤツが好む高さの机は、たったひとつしかなかったんだ。だが、それは父のパソコンデスクであり、容易に使うことはできず……ついに、ヤツは禁断の手法に手を出したんだよ」
「そ、それって……」

「《電磁熱結界》(こたつ)……」

「《電磁熱結界》(こたつ)っ……そんなっ!? ノートパソコンを所持する者があれを使ったらっ!?」
「……そう。ヤツははじめこそ、《電磁熱結界》に己の身体の一部を差し出し、《天板》にノートパソコンを据えることによって快適に作業をしていたのだが……やはり、無理があったんだ。その高さには」
「…………」
「いつしかヤツは《電磁熱結界》に首まで潜り込んでその身体を横たえ、《座布団》を抱え込むようにして……畳に置いたパソコンを操るようになったんだ」
「なっ……ね、寝転んで執筆をっ!? そんな姿勢じゃっ、いずれ限界がっ……」
「……その末路が、この音、というわけだ……」
「どうして、どうして誰も彼を救ってあげられなかったのっ!?」


とまあ、だいたいそんなノリでそろそろいろいろと限界が来たんで机買いましたー。
なんか口コミでめちゃめちゃ評判のいいニトリのL字型デスクです。でかいです。ちょうひろびろーんとしております。
デスクトップパソコンを置いてもまだノートパソコンが使えて、さらにノートも広げられるというウハウハ仕様。
机の狭さに限界を感じておられる皆さま方に自信を持って勧められる逸品となっております。

……ただこれ、梱包材の発泡スチロールが脳漿のように脆いので、組み立てた場所がもれなくちょっぴりファンタジーな感じになります。
「けっして溶けない雪が降り積もる、この部屋……」みたいなシチュを好まれる方以外は、掃除機を掛けやすい場所で組み立てられることをオススメします。あと黒っぽい服着て組み立てた自分はまじ負け組でした。


ともかく、これで執筆中にとつぜん部屋に入ってきた両親に「えっ……なにこの子ごろごろしてるの……?」みたいな目で見られることも少なくなりそうです。
机に向かって健康的な執筆!
プロフィール

かざみまか

Author:かざみまか
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。