スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「彼がロボットになろうとした理由」


 ようこそ未来へ、時代遅れの兄ちゃん! まったく、生えたカビも変異するようなクソ過去から遠路はるばるよくぞおいでなすったもんだぜ。(物好きにも程がある!)さあ、何が見たい? 何が知りたい?

 だけど残念。お生憎様。まことに遺憾ながら、いちど行き着くとこまで行き着いた文明社会なんてものはそう簡単に変わりゃしない。ここ数百年来の変化らしい変化といったらせいぜいピザの値段が下がった程度。
乱立するビルの間を行き交う雑踏も、高架下のコンクリ壁の落書きも、アスファルトにへばりついたガムも、路地にたむろする若い奴らも、どれもこれもあんたにとって珍しいものじゃ無いだろうさ。(明るい未来、幸せな未来、希望に満ちた未来! そんなピカピカの未来が見たけりゃ、図書館で子ども雑誌のSF特集でも開くことだな)

 ……おいおい、なんだよ、その不満そうな顔。ご期待に添えないのは俺のせいじゃない。(あんたたちの努力が足りなかったせいだろ?)勝手に期待して勝手に失望されたんじゃ、こっちだってとんだ迷惑だ。
 でも、ま、すべてがまるきり同じって訳じゃないんだ。せっかくの未来、もう少し見物していったってバチは当たらない。(どうせ、呆れるほど暇なんだろ?)

 さて、何から解説しようか。あそこを歩いてる中年親父が肩に載せてる小さな箱か、その向こうの若い娘が腕に巻いてる紫色した生き物か、奥のコーヒーショップの看板からはみ出してる、五本の足か。それとも――おっと。

 そうそう、すっかり忘れてた。唯一、ってワケでもないが、それなりに大きな変化。この世界を語る上で外せない存在があったこと、今の今まで失念してた。

 ほら、あの大通りの人混みの中。背中を丸めてうつむいて歩いてる女のコ。十五くらいの、栗色の髪をした……。
 そう、あれだ。あの小柄な、薄汚れた娘さ。
 ……って、おい。そうあからさまにつまらなそうな顔すんなよ。ちょっとばかし上向き過ぎる鼻と、少し離れ気味の小さな目。太い眉とボサボサの髪。確かに到底美人とは言い難いが(見られた顔じゃないのはお互い様だろう?)、あんたに見せたいのはそんな所じゃない。

 ……なに、女のコのホームレスは確かに珍しいけど、過去の世界にもいない訳じゃないって? ……いいから黙って見てなって。じきに分かるから。……ほら。

 小汚い少女はふと、何かに気付いた様子。頼りなげにふらふら歩いてた足をいつのまにかぱったり止めて、細い路地の前で汚い顔を上げてる。そして、阿呆みたいにつっ立って、そのままじっと動かない。

 彼女の視線の先じゃ、都市のイケてる若者たちが楽しい遊戯の真っ最中だ。
 ストレスと運動不足を同時に解消出来る遊戯。ついでに、道行く人が見ない振りして通り過ぎる遊戯。(人の薄情さってやつも、未来だって変わりゃしない)

 今回の犠牲者は、一人の少年。小柄な身体に細い輪郭とぶかっこうな鼻。そして、首に嵌められた銀の首輪。
 パーツの細部に至るまで、ほぼ完璧。いかにも気が弱そうな、人の嗜虐心を煽るタイプ。(これほど似合いのキャスト、そうはないね!)

 まず顔に数発、ついで腹に数発。前屈みに倒れた後は、背中へと降り注ぐ、何組もの固い靴裏の洗礼。遊具にされた少年はぐったりした様子。その瞳に浮かんでるのは苦痛や恐怖じゃなく、あきらめの色。
 まあ、抵抗したって無駄って事は、もう既に分かり切ってる。(人間の学習能力に乾杯!)


                                  (→「彼がロボットになろうとした理由」へ。)


というわけで、Pixivに載せてる「彼がロボットになろうとした理由」の初稿冒頭が出てきました。
もうね、ティプトリーの「接続された女」の影響受けまくりですね。
でもこの語り口調すごく好きなんですよ。サイバーパンク文体?
ひたすらウザい三人称の地の文いいですよね。ウザいけど。
一度なんか最後までこれで書いてみたい。


そして「彼ロボ」は三回書き直したくらい好きなお話だったりします。
個人的にはお兄ちゃんが好きでしてね。むしろお兄ちゃんが主役のつもりで書いてるというか、お兄ちゃん視点のR-18版もあったりします。NTRですよNTR!!!!!
なんか読み返したら文章アレすぎたんでそのうち直してこっそりうpしたいなあと思いました。
スポンサーサイト

「Knocking」後書き

──この世界の太陽は、半分までしか昇らない。


はいはいはいどうもどうもお久しぶりですかざみですよ!
なんかもう最近自分の中に湧き上がる創作欲を持て余してもっだもだしてます。あああ小説書きたいー!

つまりはまあ現実逃避なんですけどほんとに時間があればずっと小説だけ書いてたいってモードでして。
仕事しながら「どうして自分いまノートパソコンの前に居ないんだろ」って真剣に考えてしまうレベルなんでほんと早く専業になれるくらい頑張ろうと思った。


とまあそういういうわけでファンタジアの方の作業しながら勢いで書いちゃったのが「Knocking」。
なんかこう、世界がいまこうして滞りなく動いてるのってほんと奇跡的な僥倖で、もしもある日いきなり世界の法則が壊れてもわたしたちにはなんにも出来ないよねーそういう世界で大人しく生きるしかないよねーって感じのSFなお話です。
別にオチ命って話じゃないんですけど、ネタバレするとやっぱちょっとふーんってなっちゃうかもなので、もしもこれから読んでくださるっていう慈愛に満ちあふれた方はですね、お先にこちらからどうぞなのですね。はい。










はい、じゃあネタバレしちゃいます。前回のお休みのとき朝からついったーしてたら思い浮かんじゃって。
以下そんときのログ抜粋。


みすたさんのツイート見てループものについて考えてた。ループしてるのに全世界の人が気付いてるネタとかもうあるのかなー。ループは24時間。二日目からみんなおかしいぞって思い始めて三日目から報道はループで持ちきり。意識以外の物理現象は全部ループするん。街は大混乱。

posted at 08:53:39

一日掛けて作ったものも、書いた文章も、使ったお金も、すべて翌日には元に戻っちゃうのね。虚しいよね。人々の間に刹那主義が横行して、努力やお金は意味を持たなくなって、アノミー状態がしばらく続く。手当り次第に殺戮を繰り返す人間とかね。撃ち殺しても翌日にはまた元通りだからね。

posted at 08:58:30

でも意識はループするから、弱いものは強いものに蹂躙された記憶だけが無限に積み重なってくん。何千通りもの死んだ記憶がね。で、ついに耐え切れなくなって、ループの始まりの時点で自殺するようになるん。朝目覚めたら胸を刺すのね。それが日課。でもまた翌日には目覚めてしまうん。

posted at 09:02:29

そんな世界のお話。読みたいなー。いやむしろ書きたい。

posted at 09:04:15

さっきのループものだけど、もしもその日の成果が持ち越せない世界になったら創作家は絶望するよねー。絶対に一日では無理なライフワーク的な作品を完成する事だけを目標にしてた人間は。「せっかく無限の時間があっても意味がない!」ってさ。

posted at 09:52:15

うちも結構凹むけど、そのうち割切って「まあ仕方ないよね」って事で図書館に通うと思うわ。あとTSUTAYA。今ある芸術をひたすら吸収する事に生き甲斐を見い出すと思う。でも、そのうち創作欲が湧いて来て、でもいくら作品を書いても翌日には消えてしまって…うん、やっぱ発狂するなあ。

posted at 09:54:58
あとあと、独裁者とかはリンチされるよね!ループする世界ではそれまでの人々の恨みが爆発すると思うん。もう怖い物なんて無いから。泣きながら赦しを乞うけどせせら笑いながらありとあらゆる手段で痛めつけて殺すん。で、翌日また目覚めてはまた捕まって殺される。後悔するけどもうどうしようもない。

posted at 10:00:08

なんかこういう妄想すると破滅エンドばかり思い浮かぶなあ。ループする世界では図書館が何よりも貴重な宝物。人々は一日図書館で本を読んで過ごす。図書館の中では争いごとは無い。騒ぎを起こせばすぐ殺される。図書館を焼き払おうとする者も居たが、図書館を愛する者たちの手で殲滅されるん。

posted at 10:05:39

こうして図書館が聖地になってく。人類は無限の知識を取り込んで次第に賢人みたいになっていくん。そんなユートピアもありかも知れないなあ。

posted at 10:08:57



みたいな感じで呟いてたらむくむく書きたい欲が湧いてきて気付いたら書いてたっていう安心のかざみとっかんクオリティ。
そしてお気づきかもですが、三分間SSで個人的にいちばん気に入ってる「彼が時間を戻すとき」とかぶってます。
世界中がループに気付いてるってあのシチュ大好きなんで、それをもっと突き詰めるのもありかなあって。
そして、ループを一日にするとなんか作為的だなあと思ったんで5時間と21分48秒っていう微妙な時間にしてみたというね。
なんか人間原理とかそ-いうのあんまり好きくないんですお。
昔から割と宇宙からみたら人間とかって割とどうでもいいよねーくらいのスタンス。


で、まあ、作中でがんがん匂わせてるんでわざわざ明言するのも粋じゃないですけど、主人公は世界がこうなってから何度も死んでます。犯罪の犠牲になったりとか爆弾落ちてきたりとか。もしかしたら心中に巻き込まれたり、自殺したり、エトセトラエトセトラ。
うん、知ってたねサーセン。

イメージとしてはきっと最初すごいパニックが起こって無政府状態になるけど、真性のヘンタイ以外は次第に犯罪にも飽きてだんだん落ち着いてくんじゃないかなあって感じで、そんな過渡期が舞台。

でも、この主人公はほんと自由意思がある程度利く状態だから恵まれてるんですよねー。
人によってはそれこそ作中で書いてたみたいに悪夢に永遠に閉じ込められてたり、死んだ方がマシっていう激痛に耐えてたりして。

そして最悪なのは午前6時17分25秒くらいに死ぬ人ですよね。事故とかで。針が飛んだ直後に死ぬの。回避しようがない。でも記憶は残るから延々と痛みと恐怖が降り積もってくのとかぞくっとする。

あと、まさに飛び降り自殺図った直後で、針が戻ったときにはもう落ちててあとは地面に激突するだけとか。
たまたまビルの窓見てて、落ちてく少年と目が合った瞬間からループが始まる少女とかたまらんね。

あと、いつも十一時まで寝てるんで実質三十分ちょっとしか時間がない人が、周りの人に頼んでもっと早く起こして貰う話とかも面白そう。

なんかこのシチュってもっといろいろ書けそうな気がしたので、余裕があれば連作短編にしたいなあと思いました。


あと、書いてる途中にスチャリトクルの「しばし天の祝福より遠ざかり……」って短編の存在を知って速攻アマゾりました。
なんでも全人類が記憶を持ったままある一日を七百万年繰り返すお話だそうですよ。
うん、やっぱりね。もう絶対誰か書いてるとは思ってたんだ。
でも書いちゃう。へへっ。どの程度かぶってるか楽しみです。

「わたしはきっと選ばれない」後書き

とりあえず最初に謝っておきます。後味悪くて本当サーセン。
どうしてこう、人に勇気を与えるような素敵な話が書けないのか謎です。
まあ、たぶん性格が悪いんじゃないかと思います……!(救い様がない!)




もしも、明日世界が滅びるとして。
誰もがみな、たったひとりだけ、大事な誰かを救えるのなら。

わたしはあなたを選ぶけれど。
あなたはわたしを選ばない。

わたしの世界にはあなたしかいないけれど、
あなたの世界には、わたし以外の多くのものがあるのだから。

わたしはあなたの一番にはなれないけれど。
わたしのいない世界で、わたしの大事なあなたが、あなたの大事な誰かと生きるために。
わたしはやっぱり、きっとあなたを選ぶと思うのです。

もしも、明日世界が滅びるとして。
誰もがみな、たったひとりだけ、大事な誰かを救えるのなら。

あなたはいったい、誰を選びますか?
そして、あなたは誰かに選ばれる自信がありますか?




という訳で、高校の文化祭当日、文芸部の展示の番をしながらスケッチブックに即興で書き殴ったこちらの闇ポエムが元ネタです。
原本残ってないんで雰囲気だけ捏造してみました。
高二病全開で痛々しくはあるんですが、なんかこの設定ヤケに残ってて、ずっと小説にしたいなあと思ってたのがようやく叶いました。
そして、自分を選んでくれる人がいると胸を張って言い切れる人は幸せだと思います。
ちなみに自分はいないです! だからこういうの書いちゃいました!(ドヤ顔)



あと、以下出来るだけ客観的に読み返した上での自分的な反省点。
・文章がおかしいっていうか時々視点がブレてる(いつもの事ですが!)
・前半と後半のテーマがちぐはぐ。特に後半主人公がクラス愛に目覚める理由が唐突すぎ。
・いきなり回想シーンに飛ぶのが分かりづらい。
・宇宙人の台詞の意味が分かりづらい。
・ミカとエリが「見返り」っぽく見える。
・ていうか名前が多すぎてごちゃごちゃする。
・カタカナでシンジ君とか書かれると例の彼にしか思えない。
・先生弱すぎる。
・こんな事件起こったら逆に生徒を帰さないんじゃないの?
・先生の生き残り率はどうなってんの?
・子どもが三人以上いる親は可哀想。
・子どもを選ばなかった親はこの後世間から白い目で見られるんだろうなー。
・ていうかオチがひどい。

めそり。直せる部分はそのうち直します。
ちなみにコレ、最初は「ボート」ってタイトルで、
「人口増加に悩む政府が投票によって口減らしをする」って設定の連作短編をもくろんでました。


人口爆発、食糧危機、環境悪化などで人口調節が必要になった未来。
けれども、かつての姥捨てのように老人を殺すのではその経験が勿体ないし、
くじなどでまったくランダムに選ぶのは悪平等。
国民全員にテストを受けさせて一定以下を切り捨てるのは優性思想に繋がる。
そんな議論が繰り返され、ついに採用された制度が「ボート」。

すべての国民は、自分以外の人間をたった一人だけ救う事が出来る。
それは投票形式で行われ、誰にも票を貰えなかった人間は処分される。
(もちろん、二票目は死票になる)
そんな制度の元で繰り広げられる人間ドラマ。

今回みたいにクラス単位で行うとか、家族より恋人を選んで非難される少女とか、
罠を仕掛けて誰かを消そうとする青年とか、両親のどちらかが裏切って浮気相手を
選んだのがトラウマで人間不信に陥ってる主人公とか、いろいと考えてたんですが
なかなか形にならず。
そんな折、小学校を舞台に宇宙人の陰謀的な感じでまとめるっていう今回の方法が浮かんじゃって。

原案の方の設定でも、もしよさげなアイデアが浮かべば書いてみたいですー。

「どうやら俺は人類の敵らしい」後書き

という訳で今さらながらPixivにうpった作品の後書きとか補足とかその他いろいろを書いてみるテスト。
割とディープというか、無駄に設定作るのが大好きなんです。ホント語りたがりですみません。


とりあえず今回は「どうやら俺は人類の敵らしい」。
確か始めは「俺が人類の敵だった件について」ってタイトルだったと記憶してますが特に理由はないです。

なんかこう昔からバタフライ効果にはロマンを禁じ得ませんでした。
風が吹くと桶屋が儲かったりするのとか超好き。いわゆる自然現象ピタゴラスイッチみたいなアレ。
「いま自分が●●しなかったら世界はちょっと変わってたかもー」なんてくだらねー妄想とか真面目にする方です。

あと、職場で同僚が使途不明のコンセントを抜いたとき「あーあ、××君がコンセント抜いたお陰で今ごろアメリカ国防総省は大停電ですね」とか言ったりして「そうですねー」とか軽く流されちゃったりします。
閑話休題。

という訳で、確か三分間SSってことで三分間三分間念じてたら、某MMRの名言「あと三分で人類は滅亡するんだよ!」「な、なんだってー(AA略」が浮かんで、ボーイミーツガールなんでおっさんじゃなくヒロインの台詞だよね→「あんたがこの勝負で負けたらあと三分間で人類は滅亡するのよ!」になったのが発端。あとはするする出てきました。
あと、滅亡世界から来たサキちゃんはヒカゲ君の事をどっかで仇だと思ってるんでちょっとツンツンしてたりします。ヒカゲ君のせいじゃないと分かっててもどうしようもない感じ。なんかこう甘酸っぱいですねー。


ちなみに。

──遠い遠い未来、人類はなんかすげえコンピュータを開発しました。
そのコンピュータは多元宇宙に平行存在する多数の同型コンピュータと計算を共有することによって処理能力をいくらでも増大できる並列次元量子コンピュータで、これさえ完成すれば、世界のありとあらゆる現象が解析可能になり、人類は神になることすら可能だと期待されていました。

しかし、ついに完成したそのコンピュータの能力はなぜか、期待されたものには到底及びませんでした。
「これはおかしいぞ!」と思った科学者が、このコンピュータを用いて多元宇宙を解析したところ、恐るべき事実が発覚してしまったのです。
その時代まで人類が存続している多元宇宙は、当初予定されていた数より全然少ないという事が。

……と、実はこんな感じの裏設定があります。
つまり、サキちゃんが人類滅亡を防ぐ度に人類が存続している多元宇宙が増え、量子コンピュータの台数が一台増えて処理能力が上がっていくシステムになっております。

量子コンピュータ管理者(むしろコンピュータ本体の意思でもいいかも)の最終目標は「神」の解析。
そのために人類滅亡の特異点に「仕立て上げられた」ヒカゲ君が、コンピュータの暴走を止めようとする未来世界のレジスタンスから事実を知らされ、サキちゃんと一緒にバタフライ効果で量子コンピュータの製造を止めようとする話にすればなんとなーく長編化出来そうな予感。

…すみません実は半分くらいはたった今勢いででっち上げました。


でもこの話のバタフライ効果な設定はかなり気に入ってるんで選考終わったら割と本気で再利用してあげたいなあと思ってます。
ていうか、主人公の幼なじみかレジスタンスで美山セセリちゃんを出したい。
プロフィール

かざみまか

Author:かざみまか
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。